CODE

フリーランスエンジニアになるための全行程まとめ【必要スキル編】

【フリーランスエンジニアを目指している人】

  • 「フリーランスエンジニアを目指して独学してきたけど、最初の仕事はどう取ったらいいんだろう?」
  • 「今のスキルでじゅうぶんなのかも分からないし、どこから仕事をとればいいのかも分からない…。」

こんな疑問にお答えします。

 

~~~~~~~~~~~~~

 

こんにちは!フリーランスWebディレクターのショーヘーです。

この記事を書いている僕は、タイ・バンコクで『ノマドエンジニア育成講座iSara』というノマドエンジニアになりたい方向けのスクール講師をしています。

今はディレクターメインですが、もともとは僕自身もバリバリのフリーランスエンジニアで、月収でいうと50万〜100万くらい稼いでました。

そんな僕が、iSaraの講座やTwitterでよくいただく質問が上記の2点。

「HTML・CSSは書けるようになったけど、そこからどう仕事に結びつけたらいいの?」

と悩まれてる方が多そうなので、この記事を書きました。

フリーランスエンジニアを目指されてる方はぜひ参考にしてみてくださいd( ̄  ̄)

それでは、行ってみましょう!

この記事でいう『エンジニア』は、Web系の中でもWeb制作を中心におこなう人を指してます。

ゴリゴリにプログラムを書いて『Webサービス』を開発するエンジニアとはタイプが違いますのでご注意ください!

 

初めての仕事をとるのに必要なスキルレベルは?

 

それではまず、『どの程度のスキルレベルがあれば仕事を取っていいのか』についてご紹介します。

まずは『身につけるべき必須スキル』から。

以下は僕が思う、『フリーランスエンジニアとして必ず身につけておくべきスキル』です。

フリーランスエンジニアの必須スキル
  • HTML・CSS
  • Bootstrap
  • jQuery
  • PHP
  • WordPress
  • MAMP
  • サーバーとドメインの基礎
  • MySQLの超基礎
  • Adobe『Photoshop』の超基礎

とりあえずこの9種類のスキルがあれば、じゅうぶんフリーランスエンジニアとしてお仕事が可能です。

では、これらをどのくらい勉強すれば『身につけた』と言えるんでしょうか。

具体的なレベル感をまとめましたので、以下をご覧ください。

スキル習得の具体的な目安
  • 簡単なLPを10サイトほど模写コーディングしてみて「ゼロからでもいけるな」という感覚が湧く
  • iSaraのLP( https://isara.life/ )を見て「3日以内にコーディングできるな」という感覚が湧く(写真素材はあるとして。)

—-【上2つは真の必要最低レベル】—-

  • コーディングしたiSaraのLPを「WordPressテーマ化してください」と言われて半日以内にできる。
  • シンプルなWordPressテーマなら、2~3日で自作できる。
  • psdデータでデザインをもらっても、フォトショで素材の切り抜きができる。
  • MAMPを使ってローカル環境でWordPress開発ができる。
  • ローカルで開発したテーマとデータを「サーバーにアップしてください」と言われて1日以内に完了できる。
  • ドメインを取得して、サーバーにアップしたサイトを公開できる。

こんなかんじです。

途中で区切り線を入れましたが、上2つは真の必要最低レベルです。

ちなみに「簡単なLPを10サイト〜」の『簡単』度合いはこれくらい↓

(引用元:iSara2期卒業生のちづみさん

 

そして2つより下は、僕が『仕事をお願いするかどうか』の基準にしているスキルレベルです。

僕はエンジニアとして3年、ディレクターとして2年の経験があり、お仕事を依頼されたり依頼したりを繰り返してきました。

その中で培ったクライアント視点の基準値なので、これを『一般的なクライアントが求める必要最低レベル』だと思ってもらっていいと思います。

 

では、なぜ上2つで分けたかというと、この2つだけでも始められる仕事があるからです。

コーディングのみの案件なら、この2つをクリアしてれば可能なんです。

 

・・・が!

 

このスキルレベルでは『安定』は難しいですし、必ずどこかで壁にぶち当たるので、案件をこなしつつそれ以外のスキルも習得できるように勉強しましょう。

 

各種スキルの参考文献をご紹介

それでは、それぞれのスキルの勉強に役立つ『参考文献』をご紹介していきます。

 

HTML・CSS・JQuery・PHP・SQL

上記5つは、まず『Progate』で最後のコースまで3周すればOKです。

そのあとはすぐ模写コーディングに移ってください。

Progeteはすごくいいサービスですが、ブラウザで勉強できるがゆえに『ローカル環境での開発の仕方が身につかない』という欠点もあります。

なのでProgeteは早めに卒業して、ググりつつローカル環境でコーディングの練習を進めましょう。

【HTML・CSS・JQuery・PHP・SQLの学習サイト】

 

環境設定

ローカル環境で開発するため、まず設定を整える必要があります。

エディタ』『Google Chromeの検証』『MAMP』だけは使えるようにしときましょう。

以下の記事を見ながら進めればできるはずです。

【環境設定の参考文献】

特に『Chromeの検証』は、どんなベテランにとっても必須ツールです。

「なんか思った通りの見た目にならない」と思ったら、とりあえずChromeの検証を開いて問題箇所を見る

これをカラダが反射的に行えるようになるまで、意識してクセづけてくださいd( ̄  ̄)

 

Bootstrap

コーディングの効率化のため、最低限Bootstrapも習得しときましょう。

HTML・CSSで数十分かけて書いてたコードも、Bootstrapの機能を使えば3分で終わったりします。

ドットインストールに最新版『Bootstrap4』の講座が追加されましたので、こちらで学習してもらえればいいかと。

またYouTubeで「Bootstrap4」と検索すれば、分かりやすい解説動画がたくさん出てきますのでこちらもおすすめです( ^ω^ )

【Bootstrapの学習サイト】

ただ動画を見るだけじゃなく、必ず手を動かしてくださいね!

 

Photoshop

フォトショの使い方は本当に超基礎でいいので、このへんの記事をみながら実践してみてください。

【Photoshopの参考文献】

ひとまず『素材の切り出し』さえできれば、エンジニアのスキルとしてはOKです。

 

WordPress

さぁ!最後はWordPress。

単価が安いと言われるクラウドソーシングでさえ、WordPressの制作案件は1サイト10万〜30万ほどのレンジで掲載されてることが多いです。

これを使ってサイト制作できれば、月に1案件こなしてあとは自由って生活も可能になりますので必ず抑えておきましょう!

WordPress制作に必要な基礎知識編と、より高度なカスタマイズができるようになるためのアドバンス編に分けて参考文献をご紹介します。

【WordPressの参考文献】

基礎知識編のUdemy講座は、『未経験から企業や団体のホームページをWordPress(ワードプレス)で構築しよう』というサブタイトルの通り、知識ゼロからWordPressを使った本格的なサイト制作を行うための全てが詰まっています

サーバー・ドメインの設定から、データのバックアップ、サイトのSSL化、SNSへの対応など制作に必要な基礎知識が網羅されてますので、ぜひ受講してみてください(`・ω・´)ゞ

またアドバンス編の『WordPressの教科書』は、実際にWordPressテーマを自作しながら読みすすめていく本です。

カスタマイズに必須の基本的な関数やテーマの構造が深いレベルで学べます

この2つを完了できれば、WordPressの制作案件はきっちりこなせる実力が付きますのでぜひやってみてください!!

 

まとめ:必須スキルは思ってるより幅広い

以上、フリーランスエンジニアになるための全行程まとめ【必要スキル編】でした。

「えっ・・・HTMLとCSSやればいいと思ってたのに、こんなにやる事あるのか・・・」

と思った方は、ちょっと認識を改めてもらう必要がありそうですね。

HTMLとCSS以外にも、やるべきことはたくさんあります。

 

とはいえ、本気出せば2〜3ヶ月で終わる量なのも事実。

「4〜5ヶ月後にはフリーランスエンジニアとして月収10万を稼げてるかも!」

と思うとやる気出てきませんか( ^ω^ )?

ぜひ理想の自分を想像して、ワクワクしながらスキルアップを続けてください。

もちろん、この記事で書いたのは『フリーエンジニアとしてのスタートに必要なスキル』ですので、まだまだ習得すべきスキルがあることも覚えといてくださいね笑

 

次回の記事は、フリーランスエンジニアになるための全行程まとめ【取り方編】です。

あわせて読みたい
フリーランスエンジニアになるための全行程まとめ【取り方編】こんにちは!フリーランスWebディレクターのショーヘーです。 この記事は、フリーランスエンジニアになるための全行程まとめ【必要スキ...

ぜひ続けてご覧くださーい!

それでは。