from Garage

小さな挑戦が 未来を変える

『やりたい仕事が見つからない』はただ〇〇不足なだけ【実は近くにあるよ!】

更新日:

INTEREST LIFE

【やりたい仕事が見つからない人】

Aさん
「何となく今のままじゃダメだと思うけど、行動に移すほどやりたい仕事がない。周りはどんどん行動してて焦るし、自分は一体どうすれば...。」

Bさん
「これがやってみたいって仕事はあるけど、きっと無理だからやってない。だって経験ゼロだし、自信もないし。どうせ失敗してやめるに決まってる...。」

Cさん
「お!ちょっとやってて楽しいことを見つけた!…え?これを仕事にする? ムリムリ!だって稼げるわけないし、どうやって稼いだらいいかもわからないし...。」

こんな悩みを解決(するお手伝いを)します。

 

 

~~~~~~~~~~~~~

 

こんにちは!今日はプロデューサーとして書きます、ショーへーです。

僕は普段、企業さま向けの『事業プロデューサー』として活動してまして、様々なプロジェクトの企画と実行のサポートをしています。

 

コレ↑には自分のプロジェクトも含まれてますし、いくつかピポットしたりもしてますが、ここに書いてないプロジェクトもけっこーあります。

企業さんと共同出資でアプリ作ってたりとかですね。

今6社の企業さんとプロジェクトを進めていて、個人事業主の方も含めるともう数え切れません。

そして先日、自分のスキルアップとちょっとした社会貢献のため、この『事業プロデュース』を『個人向けビジネスプランニング』として一般の方向けに始めました。

 

プランニングの説明には

『その人の特性にあったビジネスプランをご提案します』

とだけ書いて募集をかけたんですが、ありがたいことに3週間足らずで20名以上の方がご依頼くださいました。

本当にありがとうございます( ^ω^ )

 

僕に依頼をくださった方の多くは、『やりたい仕事が見つからない』と悩まれてる方だったんですが、プランニングを進めるうちに、悩みをパターン分けできることに気が付きました。

それが以下の3パターンです。

【やりたい仕事が見つからない時の3パターン】

  1. 『やりたい仕事がわからない』
  2. 『やってみたいのに始められない』
  3. 『やりたい仕事を見つけたけど、仕事にする方法がわからない』

どれも大別すると『やりたい仕事が見つからない』なんですが、どのパターンに属するかにより、対処すべきポイントが違ってきます。

この記事では、それぞれのパターンの方に向けて、僕が思う『課題と対処法』をご紹介していきます。

「自分に合った仕事を見つけたい!」

と思ってる方は、ぜひ自分がどのパターンに当てはまるかを意識しながら読み進めてください( ^ω^ )

それでは、さっそく行ってみましょう!!

 

『やりたい仕事がわからない』は"情報"不足

ここからは記事の最初に書いた、Aさん・Bさん・Cさんを例に、『課題と対処法』をご紹介していきます。

まずはAさんから。

Aさん
「何となく今のままじゃダメだと思うけど、行動に移すほどやりたい仕事がない。周りはどんどん行動してて焦るし、自分は一体どうすれば...。」

Aさんは、『やりたいことが分からない』タイプの方ですね。

このタイプの人は、同時に自分の行動力のなさに悩まれてることが多い気がします。

「周りはどんどん行動してるのに、わたしだけ何にもできてない。わたしは行動力がない、ダメなやつなんだ...」

こんなふうに自分を責めていませんか?

 

違いますよ!

 

断言します。

あなたの課題は『行動力がない』ことではなく、『情報不足』です。

行動に移すほどやりたい仕事がない = 自分にとっての『理想のモデル』を見つけられてない

これだけです。

きっとあなたの周りにも1人はいますよね。

『自分の夢に向かって、突き進むように努力してる人』。

そういう人は必ず、『目標としてる人物』や『憧れの生活スタイル』など、『明確な理想のモデル』を見つけています。

 

「好きな歌手もいなければ、音楽もめったに聞かない」

って人が、本気で歌手をめざせると思いますか?

無理ですよねw

「わたしも歌手の〇〇みたいになりたい」「こんな曲を歌いたい」という『理想のモデル』がいるからこそ、本気で歌手を目指せるんです。

 

なので、「やりたい仕事が分からない」「行動に移すほどのものがない」と感じてる方は、まず自分にとっての『理想のモデル』を探すことに注力しましょう。

そのための効果的なツールが、Twitterです。

【Twitterを使った『理想のモデル』の探し方】

  1. 「おもしろい」「こうなりたい」と思う働き方をしてる人をフォロー
  2. その人のフォローリストを見る
  3. またおもしろい人を見つけたらフォロー
  4. タイムラインで情報収集をする

コレを、「まずこの人を目指そう!」と思える人に出会えるまで繰り返すだけです。

ただ、フォローが増えすぎるとタイムラインが追えなくなるので、フォローした人が100人を超えたら定期的に整理しましょう。

個人的には、情報収集のためのフォローは最大100人までにとどめるのがいいと思います。

そのくらいが、タイムラインを情報収集ツールとして活用できる限界人数じゃないですかね。

リストを使うという手もありますが、無駄なワンクリックが発生するぶん、見なくなる可能性が高いので、タイムラインですぐ見れる『フォロー』の方がおすすめです。

 

『やってみたいのに始められない』は"自信"不足

Bさん
「これがやってみたいって仕事はあるけど、きっと無理だからやってない。だって経験ゼロだし、自信もないし。どうせ失敗してやめるに決まってる...。」

Bさんのタイプは、すでにやりたいことが見えてるぶん、Aさんより一歩先に進んだ状態です。

ただ、踏み出せない理由に「それほどやりたいことじゃないかも」って思いがよぎるなら、『理想のモデル』の探し方が甘いのかもしれません。

その場合は、Aさんのパターンと同じように『理想のモデル探し』から始めてみてください。

 

ここでは、『理想のモデルも定まってるのに始められない方』向けに書いていきますね。

このタイプの人の課題は、『自信不足』です。

対処法は簡単。この世界を仮想空間だと思い込めばいいです。

思い込むというか、本当に仮想空間のようなもんですしねw

 

では、ここで質問です。

今、あなたが「見える」「聞こえる」と感じてるものって、現実で起きてることだと断言できますか?

なんか宗教じみてきたからって、ここでブラウザ閉じないでくださいね!

最後に勧誘とかしませんから!ここからが大事なトコですから!笑

 

僕の上記の質問への答えは、 "No" です。

だって『僕がそう感じてるだけ』ですから。

いや、おそらく実際に起きてるんですけどね。

僕らの感覚は、正確にいうと、刺激を目や耳が受けとり、それを脳が処理して「見えた」「聞こえた」と認識してるに過ぎないんですよ。

つまり、僕の ”見えた” という感覚は、僕が脳内で ”見えた” と思ってるだけなんです。

 

「この薬、めっちゃ効きますよ!」

と言われてただの粉を飲まされても、思い込みのチカラで風邪が治るって話、聞いたことないですか?

『プラシーボ効果』ってやつですね。

これも「めっちゃ効く薬を飲んだからすぐ治るぜ〜」と、その人自身が認識したから治ったんです。

ゲーム風に言い換えると、「オレの風邪はこの薬で治る」と設定変更したから治ったわけですね。

 

もしこのまま「キミが飲んだの、ただの粉だよ」って教えなければ、この人はどうなると思います?

次おなじような風邪にかかった時も、また『めっちゃ効く薬(ただの粉)』を飲みますよね。

すると前回治った実績もあるし、『治る』と設定した薬を飲んでるので、また治りますよねw

この人はこの先おなじ病気にかかっても、ただの粉さえ飲んどけば治るんですよ( ^ω^ )いいなぁ笑

『ただの粉 = 風邪には効かない』というこの世界のルールを、自分の設定変更によって変えたんですね。

 

Bさんパターンの人がやるべきことは、この例と全くおなじです。

あなたができないと思ってることは、ただあなたが『できない』と設定してるだけです。

 

できますから!

 

せっかく『人生』という仮想空間で遊んでるんですから、もっと自分に有利な設定に変えましょう。

わざわざHARD MODEでクリアする必要はありません。

プレイヤーはあなたなので、自分というキャラクターの設定値を『何でもできるヤツ』に変ちゃえばいいんです。

そうすれば、今までプレイしてきた世界とは全く違った、生きやすい世界が見えてくるはずですよ( ^ω^ )

【ご注意】

ただし、このゲームの設定値には『プレイヤーの意思で変更できない項目』があります。

『人間は素手で空を飛べない』というのは、プレイヤーの意思では変更できない『システムルール』です。

「飛べる飛べる飛べる...。よし設定完了!これで空飛べる!」って、高いとこから飛び降りたりしないようにご注意ください(まぁないとは思いますが...笑)

 

 

『仕事にする方法がわからない』は"戦略"不足

Cさん
「お!ちょっとやってて楽しいことを見つけた!…え?これを仕事にする? ムリムリ!だって稼げるわけないし、どうやって稼いだらいいかもわからないし...。」

それではラスト、Cさんのタイプですね。

このタイプの方は、もうすでに行動も始められてて、自分にとって楽しいことも見つけられてます。

それなのに仕事にできてない原因はコレ↓

『戦略不足』です。

 

ちょっと考えてみて欲しいんですけど、

お金にならない = 仕事にできない

だと思っていませんか?

 

チッチッチッ(-ε-)b

 

正しくは、

(今のやり方では)お金にならない = 仕事にできない

です。

 

今のやり方でお金にならないのなら、『お金にできる方法を考えればいい』んですよ。

まずいろんな方法を調べて、きちんと材料を揃えれば、必ず仕事にできますから!

ただこの材料に関しては、『誰がやるか』や『やりたいこと』よって、必要なものが違ってきます。

もし「発信力が足りない」と感じられてる場合は、この1つ前の記事でプランニングの実例をもとに戦略公開してますので、「あーこんなふうに進めればいいんだ」という参考にしてみてくださいm(_ _)m

個人向けビジネスプランニングの実例紹介

 

この『材料集め』や『お金にする方法』を実行するには、『情報収集』と『情報の連結』がカギになります。

これも、個人的にはTwitterで行うのが最も効果的だと思いますね。

やり方もAさんのときと同じでOKです。

ただ、フォローする人の性質を『自分のやりたい仕事をやっていて、すでに成功してる人(してそうな人)』に変えてください。

この『情報収集』と『情報の連結』は、もちろんご自身でやることも可能ですし、僕はここが最も得意なので『外注』大歓迎です( ^ω^ )

  • 「自分でゼロから情報収集して方法を考えるのは時間がかかる」
  • 「自分以外の客観的な視点でも意見を聞いてみたい」

という方は、僕が今まで集めてきた『情報』と磨いてきた『連結力』、そして『分析力』をお貸ししますので、お気軽にご依頼ください。

個人向けビジネスプランニング予約フォーム

お待ちしてまーす( ^ω^ )

 

まとめ:やりたいことはすぐ近くにあるよ!

以上、『やりたい仕事が見つからない時の3パターン』と、それらに対する『課題と対処法』のご紹介でした。

最後に2点、まとめておきます。

 

まず1点目。

それぞれのパターンへの対処法として、『情報』『自信』『戦略』の3つが必要と書きましたが、この中でイチバン大切なのは『情報』です。

結局、自信不足も『自分と似たような境遇からチャレンジして成功した人』を知ってれば解消できますし、戦略不足も『成功した戦略』をたくさん知っていればマネしたり応用したりできます。

情報を持っていることが全てのベースになるので、常にアンテナを張りましょう。

 

そして2点目。

こっちのほうが発信してる人も少なく、気づきにくいんじゃないかと思います。

それは、『やりたい仕事はあなたのすぐ近くにある』ということです。

 

考えてみてください。

例えばそれまでの人生で、宇宙になーんの興味も示さなかった人が、ちょっと情報収集したからって、急に宇宙飛行士を目指すようになると思いますか?

もちろん何かのきっかけで本気になる人はいるかもしれません。

でも、それはきっとレアケースですよね。

 

なぜかというと、「情報収集してください」と言われて集める情報はすでに、あなたの趣味嗜好が反映されてるからです。

これは情報収集に限らず、どんな行動でもそう。

僕らは日々意識しないまま、20年生きてたら20年分の、30年生きてたら30年分の、自分の趣味嗜好が反映されたアクションをとっています

つまり、あなたの趣味嗜好が入った情報収集から導きだされる『やりたい仕事』は、やっぱりあなたの趣味嗜好の中に眠ってるんです。

【よく読んでくれてる人】

「え? でも過去記事読んだら、アンタは畑違いの営業職からエンジニアになってるじゃん。これ共通の趣味嗜好なの??」

こう思った方・・・するどい!(そして読んでくれてありがとう!笑)

確かに僕は文系の営業職から、全く畑違いのエンジニアになりました。

僕がエンジニアになった理由は、『手段として適していたから』です。

どういうことかというと、僕のベースとなる趣味嗜好は『海外で暮らすこと』だったので、それを実現するための『手段』として、エンジニアを選びました。

なので趣味嗜好はずーっと一貫してて、たまたま手段をエンジニアに切り替えただけです。

もし、僕の趣味嗜好が『人と話すのが大好き』や『コードを書いてモノを作るのが楽しい』だったら、選ぶ道も違ってたでしょうね。

 

まとめると、

どんなにバラバラの道を選んでるように見えても、ベースにはちゃんとあなたの趣味嗜好が反映されてる

ってことです。

そう思って『やりたい仕事』を探せば、きっと見つかるスピードは早くなりますよ( ^ω^ )

やりたい仕事は、必ずあなたのすぐ近くに眠ってるので。

この『やりたい仕事』と『才能の方向性』がバッチリ一致したものを『天職』って呼ぶんでしょうねー。

天職、見つけたいですね笑

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!!

-INTEREST, LIFE

Copyright© from Garage , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.