from Garage

小さな挑戦が 未来を変える

現役ノマドがおすすめするノマドエンジニアに必須のVPNサービス

更新日:

CODE

こんにちは。タイ・バンコクからお送りしてます、ショーへーです。

僕はふだん、東南アジアで暮らしつつ、日本のWeb制作案件をうけて生活しています。

そこでWi-Fi速度とおなじくらい重要になるのが、IPアドレス問題です。

・海外から安定してインターネットに接続したい

・無料Wi-Fiに接続するのはこわい...。セキュリティを高める方法ないかなぁ。

・クライアントから「IP制限をかけたいので、固定IPを教えてもらえますか?」って言われた。どうしよう...。

 

こんな悩みを解決します。

ちなみに「ノマドエンジニアに必須」と書いてますが、ふつーの旅行者の方にも役にたつように書いてます。

それでは見ていきましょう!

※「VPNの説明はいいからオススメだけ教えて!」って方は、こちらからどうぞ( ^ω^ )

 

そもそもVPNってなに?

 

「VPNが何かもよく分からん...」って方は、こちらをどうぞ。

5分で絶対に分かるVPN

「5分読むのもめんどくせーよ!」「まだ小難しいわ!」という方向けに要約すると、大切なのは以下の部分だけ。

VPNを使えば、インターネットなどを経由しているにもかかわらず、あたかも同一ネットワーク上にいるかのような利便性と安全性が得られる。

 

つまり、現実世界のどこにいても、「ある特定の場所」にいるかのようにネットができちゃう機能ってことです。

 

 

どんな時に役に立つ?VPNを使うメリットとケーススタディ

 

それでは、VPNサービスが実際どう役にたつのか、ケーススタディでご紹介します。

 

ケース①:ネット規制が厳しい国から自由にサイトにアクセスしたい

これはノマドエンジニアにかぎらず、ふつーの旅行者の方でも抱くであろう悩みです。

最もわかりやすい例が、中国へ行った場合。

中国は政府の規制により、いまや私たちの生活にかかせないFacebook・Youtube・TwitterなどのWebサービスが使えません。

Googleも規制されてますので、困ったときググることすらできませんし、仕事のメールをGmailで受けていたらメールも見れず大変です。

 

...中国の規制厳しすぎw

 

こんな時は、VPNサービスを使って日本のIPアドレスからネットに接続すれば解決です。

中国のような規制の厳しい国からでも、日本のIPアドレスからアクセスすれば「日本からのアクセス」とみなされるのでGoogleもFacebookもYoutubeも使えます。

 

また、最近は「海外からのアクセスを制限するサイト」も増えてます。

海外からのスパムや不正アクセスを禁止するためです。

こうしたサイトの修正を依頼された場合、VPNを使って日本のIPアドレスから接続することが必須になります。

さくらインターネットのサーバーを使ってるサイトなど、デフォルトで「国外IPフィルター」が有効になってますし

XserverでもWordPress管理画面へのアクセスはデフォルトで海外IPを拒否するように設定されてます。

 

これらはコントロールパネルにログインして設定変更することで表示はできます。

が、「このサイトを確認して見積りお願いします」って時点でコンパネのログイン情報までもらえることは稀ですし

制限を解除してしまうと自分以外からの海外アクセスも全て有効になってしまうので、エンジニアがVPNを使うべきです。

 

ケース②:海外の無料Wi-Fiに安全に接続したい

海外ノマドの場合、カフェやコワーキングスペースなどの無料Wi-Fiに接続して作業することが多々ありますよね。

しかし、無料Wi-Fiスポットには通信内容をハッカーに盗聴される可能性が高いというリスクがつきまといます。

不意に接続した無料Wi-Fiから、あなたの個人情報や顧客情報が漏れたら大変ですよね。

 

VPNを使えば、これらの通信のハッキングを防止しセキュリティ対策することができます。

VPN接続をすることで通信が暗号化されますので、ハッキングのリスクが高い無料Wi-Fiスポットでも安全にインターネットを利用できます。

複数のIPアドレスが使えるVPNサービスならば、IPアドレスを変更することで匿名性を高めることも可能です。

セキュリティ対策としても、VPN接続を利用することは非常に有効な手段です。

 

ケース③:作業場所を変えても、特定のIPアドレスをつかいたい

これはノマドエンジニア特有の悩みですね。

冒頭にも書いた「IP制限をかけたいので、固定IPを教えてほしい」とクライアントから依頼されたときの対応方法です。

特に法人クライアントの場合、不正なアクセスを防ぐため、サイトの管理画面にはIPアドレスによるアクセス制限をかけていることが多いです。

作業場所がカフェや自宅とコロコロ変わるノマドエンジニアの場合、どの場所からでもそのサイトにアクセスして作業したいですよね。

固定IPアドレスへVPN接続してしまえば、こうした悩みを解決できます。

方法は簡単。固定IPアドレスを提供しているサービスに申し込み、契約したIPアドレスをクライアントに送ればOKです。

あとはカフェや自宅など好きな場所からVPN接続することで、いつでもそのIPアドレスからインターネットにアクセスできます。

IPアドレス制限というセキュリティ対策とノマドの両立は可能です。

 

【おすすめのVPNサービス】インターリンクの『セカイVPN』と『マイIP』

 

それでは、僕が利用しているおすすめのVPNサービス、インターリンクの『セカイVPN』と『マイIP』をご紹介します。

まずインターリンクが提供する全てのサービスに共通しているメリットは以下の3点。

・無料お試し期間が最大2ヶ月ついている

・申し込めばすぐに使える

・契約後も違約金がないのでいつでもやめられる

 

もちろん、上記の『セカイVPN』と『マイIP』もこの対象です。

プロバイダ業務で23年の実績があり(2018年現在)、VPN接続の提供元としては業界最大手のサービスをこれだけ手軽に利用できるのはめっちゃ助かる( ´ ▽ ` )

それでは、セカイVPNとマイIPのメリットをそれぞれ見ていきましょう!

 

セカイVPNのメリット

※画像はインターリンクHPからお借りしています。

『セカイVPN』は、日本・アメリカ・ドイツ・韓国・台湾の5カ国のIPアドレスを自由に使えるサービスです。

PCはもちろんiOSやアンドロイド端末のスマホにも対応していて、利用料金は月額1,080円。その前に最大2ヶ月の無料期間がついてます。

ケーススタディに書いた①「IP制限が厳しい国からのアクセスしたい」場合や、②「無料Wi-Fiから安全に接続したい」場合に最適です。

2ヶ月たっぷりと試せるので、とりあえず使ってみて気に入らなければやめればOK。

よく「知らない間に無料期間が終わってて、いつの間にか本契約させられてた」みたいなサービスがありますが、ちゃんと無料期間がおわる2週間前に「期間終了メール」をくれるところにも誠実さを感じます。

 

利用ケースとしては普通は日本のIPアドレスを使うだけだと思いますが

ノマドエンジニアだと『海外法人からの案件で日本以外のIPが必要になる場合』や、『海外サービスを利用する際に日本IPではアクセスできない場合』があるので、4カ国の保険は嬉しいですね!

(僕は実際アメリカ企業からの案件でお世話になりました)

 

使い方も簡単で、以下のインターリンク公式ページから申し込んで専用ツールをインストールすればすぐ使えます。

いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】

 

専用ツールはこんなのです。使いたいVPNサーバーを選んで「接続」ボタンを押すだけ。

 

ツールのインストール方法や使いかたは、契約後に「よくある質問 > 設定マニュアル」を見ていただければすぐわかると思いますが、探すのがめんどうな方のためにマニュアルのリンクも貼っときます。

セカイVPNの設定マニュアル

 

マイIPのメリット

※画像はインターリンクHPからお借りしています。

マイIPは、インターリンクの指定サーバーにVPN接続することで、自分専用の日本の固定IPアドレスを利用できるサービスです。

こちらもPC・スマホとも対応していて、利用料金は月額1,080円

マイIPが「固定IPひとつ」なのに対し、複数の固定IPを契約できる「マイIP ソフトイーサ版」は月額1,296円 × 固定IP数です。

もちろんどちらも最大2ヶ月の無料期間がついてます。

ケーススタディに書いた③「作業場所を変えても、特定のIPアドレスをつかいたい」場合、そして「日本のIPアドレスから接続できれば十分」ということであれば、ケース①・ケース②の場合にも使えます。

僕もマイIPを先に契約し、アメリカの案件がきたので後からセカイVPNを契約しました。

「日本のサイトが見れれば十分」「日本企業としか仕事しない」という方はマイIPだけ契約しとけばOKです。

海外ノマドエンジニアにかぎらず、国内ノマドエンジニアでもマイIPを契約しておけばIPアクセス制限への対策はバッチリですね。

とにかくクライアントから「固定IPを教えてください」と言われたときにアタフタしないようにしときましょうw

ちゃんと対応できますので( ^ω^ )

こちらもインターリンクの公式ページリンクを貼っておきます。

最短3分!いつでもどこでも固定IPが使える【マイIP】

 

マイIPは、Macなら「システム環境設定 > ネットワーク」から設定できます。

 

マイIPの設定マニュアルのリンクはこちらです。

マイIP設定マニュアル

 

 

まとめ:ノマドエンジニアなら、VPNは必ず契約しておくべき

 

VPNの簡単な説明、どんな時に役立つかのケーススタディ、そしておすすめのVPNサービス『セカイVPN』と『マイIP』をご紹介しました。

どうでしたか?めちゃくちゃ便利じゃないですか?

世の中には無料のVPNサービスもありますが、やはり信頼性とネットに繋いだときの安定性は無料サービスに比べて圧倒的です。

何よりノマドエンジニアにとって『ネット環境の整備』はサムライが刀を磨くようなものなので、「月額1,080円くらい払おうぜ」と個人的には思います。

 

最後に、セカイVPN・マイIPに正しく接続できたか確認するためのリンクを貼っときます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

上記サイトにアクセス→いまのIPを確認→セカイVPN・マイIPに接続→もう一度アクセス→IPが切り変わってれば正常に接続できてます。

それでは、VPNで快適なノマドライフをお送りください( ^ω^ )

-CODE

Copyright© from Garage , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.